黒剣のクロニカ ミニゲーム(ターン4)提出B

/*/

名前:ユーラノス

職業:市民権を持つ市民だ。
武勇伝:凄い間抜けと笑われるが、良いことをした。
愛用品:絹だ。
ダリド:残念人間でした。

4T

1.イベント
☆武力が一番高い親の子供の場合、スパルタ教育を行う。 子の武力が+1される。
☆貴方が黒剣家の冒険に出資をしていた場合、特に何も起こらない。
☆黒剣家の船が一旦戻ってから異国の風邪が流行した人がばたばた死ぬ。あなたと子供も風邪を引く。ただし、親の人脈が1もしくは0の時は風邪に罹患せずこのイベントは起きない。また市民かつ善性+人脈を投資していた場合、放牧してた関係で罹患せず、このイベントは起きない。
→市民かつ善政+人脈を投資していたため、放牧をしていた関係で発生せず。
☆畑仕事や放牧を行った。

2.イベント対応
☆貴方が黒剣家の冒険に出資をしていた場合、特に何も起こらない。
 とくには何も起こらないが悪い事をした気になった。親子ともに善性-1。子供の善性が0の場合、子は船から宝物を一つ盗んでくる。子の財産に+1すること。
→善性-1される。親の善性6→5、子の善性3→2。
☆畑仕事や放牧を行った。
 親の財産に+2する。

3.教育
・武力
・善性

4.投資
・武力
・善性

5.申告
親:ユーラノス
財産:9+2→10(上限)
人脈:3
教養:3
武力:8
善性:6-1→5

子:アリストス
財産:1
人脈:0
教養:1
武力:5+1+1→7
善性:3-1+1→3

RP:
アリストスはますます元気に育っている。
運動や戦いの訓練で有り余る体力を発散しているが、遠からず追いつかれそうなくらいだ。
頼もしい限りだが、力が強くなればこそ扱い方に気をつけさせなければ。

そんな中、都市では大貴族間の争いが激しく、
そこかしこで貴族や与する市民が暴漢に襲われる事態になっている。
ヤニアに逃れる難民も出ているらしい。
やがて争いは共倒れにより収まったものの、どれだけの人が犠牲になったのだろう。

その上、風邪がこれまでにない勢いで流行して多くの人々が命を落としたという。
山羊の放牧のために都市から離れていたのが幸いしたか、私もアリストスも風邪にかかることなく無事だった。
しかし先の貴族同士の争いに加えてこの風邪の流行で、コフの国力はかなり落ちてしまったのではないか。
先行きに不安を感じずにはいられない。

悪いことは重なるというが、異民族が攻めてくるという噂だ。
今のコフには十分な兵力がない。奴隷までも戦場に駆り出すという。大丈夫だろうか。
戦費もバカにならないだろう。我が家の財産も差し出すことになるに違いない。
できる限りを我が子に残したいが、攻め滅ぼされては元も子もない。
ひとつ光明があるとすれば、黒剣の若様が異民族と戦いに急遽戻ってくるという噂がある。
途中で船を下りたことに私もアリストスも良心の呵責を感じていたところだ、
もし彼が戻ってくるのなら、ぜひその場に参じてともに戦いたい。
どうか噂が真実であってくれと願いながら、アリストスとともに支度を調える。

/*/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック